クラフトビレッジとは?

2020年11月6日に開業

2階から見える景色

2020年11月6日に開業しました。もともとは2019年7月に開業する予定で工事が行われていましたが、工事を請け負った会社が建築確認申請を行わないまま着工、既にコンテナが設置された状態となっていたものを一旦更地に戻したため開業が大幅に遅れてしまいました。

UR都市機構が土地を所有、再開発との関連も

東京都資料より(当地は「個別利用区」にあたる)

西小山駅前(目黒区原町)では再開発計画が進行しています。その一環としてUR都市機構が2009年に取得し、駅前の「一等地」であるにも関わらず長らく駐車場や駐輪場として使われてきた土地に開業しました。

駅前ロータリーからファミマ、牛繁方面(東京都資料より)

建物左側の道路が「にこま通り」

西小山駅周辺(目黒区側)では再開発計画が進行しており、今回開業したクラフトビレッジの隣、現在はファミマや牛繁などがあるエリアが2021年度の工事着手予定で再開発の計画が進行しています。にこま通り沿い、「から揚げの天才」の手前までの区画が再開発エリアとなります。完成後は地上9階、地下1階の「西小山にほどよい規模感」(私はそう思う)の住宅・店舗などが入る建物となります。

  • 2021年度着工
  • 2022年度竣工(いずれも東京都HPより)

場所

西小山駅前、ファミマや牛繁の裏手に位置しています。Googlemap

武蔵小山駅からは徒歩11分ほど。

営業時間

店舗によって異なるようですが、土日祝などは10~23時、平日は11時からとなっています。

夜に飲みに行くもよし、ランチを食べに行くもよし、お茶をしながらおやつを食べるもよしの施設です(おやつメニューは少ない印象を受けた)

クラフトビレッジに行ってみた感想

開業初日の昼に食事をしてきたので、簡単に写真を交えながら紹介します。

施設

コンテナなどで作られた簡易的な感じの施設です。

1階
2階
2階

2階には多数のテーブル席と、テントが2張り設置されています。日光を浴びながら、広い空を眺めながら飲食が出来る空間です。1階も含め屋外なので、換気は良いです。

2階のテント

随所に石油ストーブやブランケットなどが設置されており、防寒対策も取られているようでした。テント内は床にホットカーペットが敷かれています。雨が降らなければ、一年中賑わう予感がします。

トイレ

一階には男女別のトイレと多目的トイレ、授乳室(ベビールームではなくマミーズルームとの表記)が設置されています。

私が行った時(初日、金曜昼)は店舗関係者と、20~30代のお客さんで程よく賑わっていました。テントもありますし、パンやトルコアイス、ジュースも買えるので子連れで行っても良い感じだと思います。

施設内は広くはない (武蔵小山西小山界隈の基準では狭いわけでもない) ので、大型のベビーカーや車椅子だと若干苦労するかな、と感じました(特に混んでいると難しいかも) 入口にも階段2段の段差がありました(段差が無い入口もあるのでしょうか?)

飲食

食堂西小山

定食メニューなどが食べられるお店のようです。昼のメニューはこちら。

日替わりおばんざい定食
アラ大根定食

コンパクトな感じでしたが店内にもカウンター席がありました。

トルコレストランDEDE

メニュー
「オープンスペシャルセット」
トルコチャイ

その他

他にも、パン屋さんや「クラフトコーラ」とバーガーが食べられるお店、餃子などのお店が入っています。再訪したら順次写真を追加していく予定です。

公式サイトの店舗一覧には記載が無い店舗も見受けられます。プレスリリースの方が詳しく記載されています。