目黒通り沿いにあるHotel claska

武蔵小山にお住まいの人でもあまりご存じない(私も最近まで知りませんでした)かもしれませんが、武蔵小山と学芸大学の間あたりに「HOTEL CLASKA」というおしゃれなホテルがあります。

今回はそのCLASKAでランチを食べてきたので、そのようすを詳しくレポートしたいと思います。

HOTEL CLASKAとは

古いホテルをリノベーションして生まれたホテル

もともとあった古いホテルをリノベーションして生まれたホテルだそうです。今回訪問した1階のレストランの内装もとてもおしゃれな仕上がりでしたが、客室もかなりおしゃれな感じになっているようです。

1階レストランの内装

2020年12月をもって閉館予定

残念ながらこのホテルは2020年12月をもって閉館することが決まっています。今しか行けない場所、と言えます。宿泊も可能なので、新型コロナの影響で遠出が難しい昨今、近場で「旅行」してみてはいかがでしょうか。

1泊1人1万円程度で泊まれるようです 公式サイト Yahoo!トラベル

料理

メニュー

平日のみ、デザート無しのメニューも選べるようです。今回はAセットを2つ頼みました。

スープとパン

濃厚なカボチャの味がする冷製スープと、温かいフランスパンです。パンはお代わりが可能でした。

メインディッシュ

「赤パプリカに詰めた仔羊 ムール貝のクリームソース」というタイトルのお料理です。肉厚な赤パプリカの中に、仔羊のひき肉が詰められており、とても味わい深い一品でした。

もう一品は「鱧のベニエ ルッコラのリゾット」です。トマトが良いアクセントになっていてとてもおいしかったです。

デザート

「アメリカンチェリーとピスタチオのクラフティ」

「アボカドのムースとグレープフルーツ」 名前からも見た目からも味の想像が難しいですが、ほどよく酸味の効いたジュレの下にアボカドの味はしないクリーミーなアボカドのムースが敷かれており、一緒に食べると適度に濃厚で、だけど爽やかな夏の味が口の中にひろがりました。

場所・アクセス

東京都目黒区中央町1丁目3−18 Googlemap

武蔵小山駅からは徒歩20分、目黒通り沿い。目黒郵便局の斜め向かい、東急バス営業所の向かい側にあります。

武蔵小山から徒歩だと少々遠いですが、エントランス横には駐輪場もあるので、自転車で行くのもおすすめです。