武蔵小山パルム商店街に2021年5月29日にオープンしたバターミルクフライ専門店「ラッキーロッキーチキン」(Lucky Rocky Chicken)をオープン数日後に利用した際の感想をまとめます。

メニュー

公式サイトの方が見やすいと思います。

「バターミルク」に漬け込んだフライドチキンを中心としたメニュー構成です。

食べたもの

バターミルクフライドチキンサラダ

500円。サラダの上に刻まれたチキンが乗せられていました。

チキンは衣がややスパイシーな感じ(小さな子供でも食べられそう)で、肉はバターミルクに漬け込んだという宣伝のとおり柔らかく、「もちもちした」感じさえありました。国産鶏胸肉だそうですが、パサパサ感は無く肉の旨味も若干感じられました。

サラダについてはキャベツがかすかな酸味で味付けされており、また細かく刻まれたパクチーが少し入っているのでパクチーのかすかな風味とあわせて「さわやかな」味でした。サラダとしてはけっこうボリュームがあるので、「野菜を食べた」感がありました。

キャベツに付着した濃い緑色のものがパクチー

全体のボリュームとしては、少食な人のランチに良いかな・・?少し少ないかな?という感じです。遅めのランチにはちょうど良い感じでした。少食でない人はフライドポテトを付けるか、あるいはバーガーを注文すると良いと思います。

クラフトコーラ

レギュラーサイズ(写真のもの)で280円、Lで320円。

9種類のスパイスを使用しているそうで、飲んでみるとスパイスの風味が強すぎない程度に効いてくる味です。私は普段ジュースはあまり飲まないですが、このクラフトコーラは程よい甘さで飲みやすいと思いました。

後味にも舌の上にしばらくスパイスの風味が残り、フライドチキンを食べた後の口内がリセットされる感じがあります。コップの下の方に、若干固形のスパイスの粉末が溜まっていました。

容器は蓋も含めて紙製でした。蓋にストローを挿す穴が見当たらなかったので、蓋を外して呑みました。ストローは生分解性プラスチックとの表記があるプラスチック製でした。

近隣では西小山駅前クラフトビレッジの「コーラとハンバーガー」でもクラフトコーラが飲めるので、飲み比べてみてはいかがでしょうか。クラフトコーラではありませんが、武蔵小山コクミンドラッグ裏手「MOCSチャイスタンド」のチャイも、こんな感じのスパイシーな味でおいしいです。

包装

ロゴが控えめな、おしゃれな紙袋で手渡されます。

バターミルクフライドチキンサラダは長方形のお弁当箱のような形でした。食べ終わった後に潰しやすかったです。

クラフトコーラは更に小さな紙袋に包まれていました。

店舗情報

営業時間

10~20時(ラストオーダー19時45分) オープン時点、公式サイト掲載内容

クレジットカード払い可、paypayなどQR決済などにも対応しているようでした(私はJCBカードで支払い)

場所

東京都品川区荏原3-6-6  / Googlemap

パルム商店街内、平塚橋側出口付近です。同じく揚げ物テイクアウトの「とんかつサボテン」の隣、サイクルスポット(自転車屋)の隣です。

写真左手奥がパルム商店街の出口

混雑状況

私が利用したオープン2日後、平日14時頃の状況です。

注文をするのに数分待ち、注文完了から商品が提供されるまでに約10分掛かりました。注文では待たないが調理にはやや時間が掛かる印象を受けました(調理待ちの人が5人程度並んでいた)

モバイルオーダーも可能なので、事前に注文すると良さそうです。モバイルオーダーはお昼時だとかなり先の時間しか予約出来ない状況だったので注意してください。

席狭めのイートインスペースもありますが、こちらは空席が目立ちました。テイクアウト利用が多いようです。